blog 院長コラム

猫回虫卵の観察

回虫が寄生した猫が来院したので、便を乾燥しないようシャーレに入れ室温で放置してみました。

便の中にあった猫回虫卵は、2週間ちょっとで幼虫を入れた幼虫包蔵卵になり、幼虫が卵の中でクニャクニャ動いていました。この幼虫包蔵卵になると感染能力を持つようになります。猫が便を排泄したらすぐに処分し、時々検便することをお勧めします。

私は、この幼虫とは友達になれない気がします。猫回虫卵の成熟

院長コラム

カテゴリー

アーカイブ