blog 院長コラム

春に咲くオオイヌノフグリ

毎年4月頃になると、道端で空色の小さな花を咲かせるのがオオイヌノフグリです。

私はこの花を見ると、今年も春が来たと幸せな気持ちになります。

このオオイヌノフグリの”オオ”は、草丈が大きいという意味ですが、”イヌノフグリ”は、犬のタマタマ(精巣)のことです。

なぜ犬のタマタマかと言うと、花が散った後にできる種子が、いかにも犬のタマタマに似ているからです。

このタマタマは、とてもかわいらしいので、私としては”子犬のフグリ”と呼びたいのですが...。

オオイヌノフグリの写真

院長コラム

カテゴリー

アーカイブ